ホーム会社情報ヒストリー

化学元素

化学元素弹

住友精化は、1944年(昭和19年)に肥料会社としてスタートしましたが、肥料産業の変動期に主力事業を工業薬品へと転換を果たしました。その後も技術基盤を生かした研究開発を進め、現在の主力事業である吸水性樹脂、機能化学品、ガスの事業を確立してまいりました。私たち住友精化グループは、これからもグローバルに成長し続けるとともに、社会に貢献する企業を目指してまいります。

1944~昭和19年~

戦争の中で生まれ、戦後復興に貢献

戦後復興期の食料増産に貢献するため肥料の増産を進める。

1950~昭和25年~

産業転換の変動期

肥料産業の転換期に対応するためアンモニア、尿素の増産および合理化を実施。

1960~昭和35年~

事業転換の変革期

経営の多角化を目指して工業薬品、標準ガス、ポリマー事業への新たな展開を開始。

1970~昭和45年~

主要事業の芽生え

新事業が大きな成長を遂げるなかで、未来に向けた事業基盤の強化を進める。

1980~昭和55年~

事業基盤の確立

蓄積された技術力、営業力を活かし、精密化学品、機能性樹脂、半導体用ガス事業への展開を開始。

1990~平成2年~

グローバル展開の開始

吸水性樹脂事業が急速に拡大するなかで、海外への事業進出を開始。

2000~平成12年~

更なる成長へ

グローバル展開をさらに加速するため、吸水性樹脂、半導体ガス事業の海外投資を積極的に行う。

未来へ

未来への挑戦

2016年に制定された新たな「グループ企業理念」のもと、新規事業の創出、企業基盤の強化を推進することで、これからも世界に挑戦し続けます。